2010年10月12日

『グロースドイッチュラント師団写真史』



冬モトスで「総統警護旅団」をやる予定なので、その親戚部隊と言える「グロースドッチュラント装甲擲弾兵師団」の非常に良い資料本を紹介します。

大日本絵画刊。税別3000円。モノクロ全240ページ。
PK(プロパガンダ・コムパニー/宣伝中隊)によって撮影された鮮明な写真と大変資料的価値の高いキャプションと文章で構成されています。

ドイツ軍、特に陸軍の魅力が一杯詰まった素晴らしい本だと思います。
ドイツ陸軍が好きな方には特にお薦めします。





同じカテゴリー( ドイツ軍資料&書籍)の記事画像
『若い兵士のとき』
復刻版『Reibert』
『戦術と指揮』
『チュニジア戦線 ドイツ軍戦闘部隊』
『WW2ドイツ軍兵器集』
WW2ドイツ軍『教練と命令』
同じカテゴリー( ドイツ軍資料&書籍)の記事
 『若い兵士のとき』 (2013-04-10 00:05)
 復刻版『Reibert』 (2013-03-27 00:05)
 『戦術と指揮』 (2010-12-16 21:05)
 『チュニジア戦線 ドイツ軍戦闘部隊』 (2010-12-06 21:05)
 『WW2ドイツ軍兵器集』 (2010-12-04 21:05)
 WW2ドイツ軍『教練と命令』 (2010-12-02 21:05)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。