2011年10月10日

USAR『ラヴノヴィル近郊の戦い』その1。


Keinさん、マルセルさん、ラオホさんより良い写真を頂きましたので、キャップションを付けて何枚か紹介します。

1枚めは状況終了後の記念撮影。若干名写っていませんが、中隊本部と第1分隊です。
道標前の自分はウンターオフィツィーァの分隊長として第1分隊を率いました。

道標には左方向はシェルブール、モントブール、右方向サンメールエグリーズ、カランタンとあります。
シェルブールは我々の設定部隊・第709歩兵師団が最終的に降伏した港湾都市です。
サンメールエグリーズはアメリカの空挺兵が教会の塔に宙づりになった事で有名な街ですね。
709師団の砲兵隊が守備していたのですが、早々に放棄してしまったらしいです。
カランタンは『バンドオブブラザーズ』でお馴染みの街。
道標の向きからすると奥の方に海岸があるという事になります。


初日、とりあえず完全武装で集合整列したドイツ軍。
ここから分隊分けと工兵装備の分配、地雷探知器や火焔放射器などの特殊装備の担当を決めるなどしました。
中隊の編制は、中隊本部とほぼ定数を満たした2個分隊と充実した物となりました。
特筆すべきは若い新規参加者が多かった事でしょう。実に有り難い事です。

中隊長から全員に郵便物が配られるというUSARさんお馴染みのイベントもありました。
我が中隊員は素行不良のようで、怪しげな郵便物がたくさん届きました(笑)。
郵便物は全て中隊長の手作りで、その労力を考えると頭の下がる思いです。

<続きます。>





同じカテゴリー(ヒストリカルゲーム&リエナクトメント)の記事画像
『CARENTAN〜血の渓谷の戦い〜』フィルム分写真。
『CARENTAN〜血の渓谷の戦い〜』レポートその2。
『CARENTAN〜血の渓谷の戦い〜』レポートその1。
『MVG2018』レポートその2。
『MVG2018』レポートその1。
『1944ノルマンディー』写真。
同じカテゴリー(ヒストリカルゲーム&リエナクトメント)の記事
 『CARENTAN〜血の渓谷の戦い〜』フィルム分写真。 (2018-08-31 23:05)
 『CARENTAN〜血の渓谷の戦い〜』レポートその2。 (2018-07-06 21:05)
 『CARENTAN〜血の渓谷の戦い〜』レポートその1。 (2018-06-29 22:05)
 『MVG2018』レポートその2。 (2018-06-21 21:05)
 『MVG2018』レポートその1。 (2018-06-20 23:05)
 『1944ノルマンディー』写真。 (2017-07-03 21:05)

この記事へのコメント
一枚目の写真、対戦車地雷を持っている方がいますね(笑)
すごく雰囲気出ていて、参加者の皆さん装備がビシッっと決まっていて
カッコいいです。

続きのレポート楽しみにしています。
Posted by Hans ReichardtHans Reichardt at 2011年10月10日 02:49
Hans Reichardさん、こんにちは。
今回は若い初参加の人達が多かったのですが、被服装備はもちろんの事、髪型までバッチリ決めている方がいて、非常にレベルが高かったです。

写真の紹介は1日おきに「その8」まで続く予定ですので、是非引き続きご覧ください♪
Posted by ハント at 2011年10月10日 19:19
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。