2018年06月21日

『MVG2018』レポートその2。


前回に続き、サムズミリタリ屋さん主催のミリタリー・イベント『MVG2018』のレポートをお送りします。
写真はドイツ軍参加者の一部で記念撮影したもの。
お馴染みの方ばかりでなく、お初の方も何名かいらっしゃいました。
2年前のMVGで初めてご一緒したクリューガーさんもお仲間を連れて来てくださいました。


こちらは当日即席で組んだドイツ軍歩兵分隊。
左からお初だったヴィルヘルムさん、フリードリヒさん、自分、ウンターバウムさん、アーデルベルトさん。
強い日差しの中、ウール服で頑張られている方も多かったですが、自分はHBTコットン製野戦服で楽をさせていただきました。


こちらはクリューガーさんが展示されていた工兵装備と物資。
その多くはご自身で製作されたそうです。


MG用弾薬箱を連結しているのは実物の弾薬箱用ストラップです。
クリューガーさんのご所有ですが、状態が非常に良くてビックリ。
MG弾薬手の標準装備で、首や肩にストラップをかけて弾薬箱の重量を分散・軽減させます(実包をフルに収納した弾薬箱は非常に重いのです)。
あまり見かけない貴重な逸品ですね。


一見、当時の写真に見えますが、野戦電話の架線作業訓練を再現しているラオホさん、pohiさんのグループです。
非常に高度な事をやられているのが写真からも伝わると思います。
今後の発展が楽しみですね。


塹壕ランドさんが製作・展示・販売されていた米軍の37ミリ対戦車砲レプリカ。
お値段115万円也とのことです。
戦車猟兵のモデルはアーデルベルトさんとフリードリヒさん。

他にも、M3ハーフトラック等の車輌走行会、昭和自衛隊の再現等々、様々なイベントが、広大なフィールドで行われていました。
イベント内イベントを参加者が積極的に行うようになったのが、とても良い方向に働いていると思いました。
来年はもっと賑やかになりそうです。
今年参加されなかった方も来年は是非ご参加ください。


帰り道で見つけた、風情ある布引観音温泉。
こちらでホコリと汗を洗い流して家路につきました。

<この項終わります。>










同じカテゴリー(ヒストリカルゲーム&リエナクトメント)の記事画像
『CARENTAN〜血の渓谷の戦い〜』フィルム分写真。
『CARENTAN〜血の渓谷の戦い〜』レポートその2。
『CARENTAN〜血の渓谷の戦い〜』レポートその1。
『MVG2018』レポートその1。
『1944ノルマンディー』写真。
『1944ノルマンディー』無事終了!
同じカテゴリー(ヒストリカルゲーム&リエナクトメント)の記事
 『CARENTAN〜血の渓谷の戦い〜』フィルム分写真。 (2018-08-31 23:05)
 『CARENTAN〜血の渓谷の戦い〜』レポートその2。 (2018-07-06 21:05)
 『CARENTAN〜血の渓谷の戦い〜』レポートその1。 (2018-06-29 22:05)
 『MVG2018』レポートその1。 (2018-06-20 23:05)
 『1944ノルマンディー』写真。 (2017-07-03 21:05)
 『1944ノルマンディー』無事終了! (2017-06-27 12:30)

この記事へのコメント
 お疲れ様です。今年も天気に恵まれて良かったですね。
多少のトラブル?も見聞きしましたが・・・去年よりも参加人数は多かったとか。
時間の都合でドイツ軍の塹壕を見学出来なかったのが残念でしたが・・
来年も、また発展してもらいたいイベントですね。

今年は装備を盛り過ぎた?ので、来年は軽装で済みそうな装備で参加したいと思います(汗)
Posted by フカヤマ at 2018年06月22日 22:27
フカヤマさん、こんにちは。
MVGではお疲れさまでした。

また、たくさんの差し入れ、誠にありがとうございました。
ドイツ軍宿営地のメンバーで有り難く頂きました。
いつも頂くばかりで本当に申し訳ないです・・・。

MVGはフィールドもイベントのコンセプトも良いので、今後の伸び代がまだまだ期待できますね。
主催には器を用意してもらって、あとはドンと構えていて頂きたいです(笑)。

来年もお会いできると良いですね。
その時は、よろしくお願いいたします!
Posted by ハントハント at 2018年06月23日 10:09
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。