2010年09月02日

やっぱり塹壕が好き。

塹壕(ざんごう)、蛸壺(たこつぼ)、掩蔽壕(えんぺいごう)、トーチカ・・・大戦好きの人は皆これらの単語に激しく反応するんじゃないでしょうか。
自分は当然大好物でありますっ!(笑)


写真は石川県のカルミンフィールドの大塹壕で交戦中のドイツ軍です。
MG34を撃ちまくってるのは中部の戦友ハインさん、格好良いですね〜。

この大塹壕は谷を見下ろす高台にあって、銃眼や監視塔まで備えており、1個分隊規模を収容できる広さがあります。
数年前初めてお邪魔した時は、この陣地を守っても攻めても大変面白く、非常に興奮したのを憶えています。
現在でこそ、千葉のヴィレッジ1さんの巨大塹壕網などがありますが、当時は国内で唯一無二の存在だったのではないでしょうか。
・・・あ、もちろん自衛隊さんは除いて(笑)。


『Feldbefestigungen des deutschen Heeres 1939-1945』
Amazonで買いました。
「ドイツ陸軍の野戦防御施設」とでも訳しましょうか。
本の大半が当時の工兵マニュアルの転載です。
センチメートル単位の寸法入りの細密なイラストを使って、一人用の壕から対戦車壕などの大物まで、非常に多数の防御施設を紹介しています。
ドイツ語が読めなくても、ほとんど絵本感覚で楽しめました。

今度、イベントで塹壕を掘る機会があったら、教本通りの物に挑戦するぞと意気込んでいます♪






同じカテゴリー( ドイツ軍資料&書籍)の記事画像
『若い兵士のとき』
復刻版『Reibert』
『戦術と指揮』
『チュニジア戦線 ドイツ軍戦闘部隊』
『WW2ドイツ軍兵器集』
WW2ドイツ軍『教練と命令』
同じカテゴリー( ドイツ軍資料&書籍)の記事
 『若い兵士のとき』 (2013-04-10 00:05)
 復刻版『Reibert』 (2013-03-27 00:05)
 『戦術と指揮』 (2010-12-16 21:05)
 『チュニジア戦線 ドイツ軍戦闘部隊』 (2010-12-06 21:05)
 『WW2ドイツ軍兵器集』 (2010-12-04 21:05)
 WW2ドイツ軍『教練と命令』 (2010-12-02 21:05)

この記事へのコメント
塹壕マニュアル本通りに掘った穴を見つけて、「これは独軍式だな」とつぶやく米兵がやりたいです。(^∧^)
Posted by 零五 at 2010年09月02日 22:25
 遅ればせながら、お邪魔致します。
 
 祝ブログ立ち上げおめでとうございます。
 今後、度々お邪魔します。
Posted by へるむぅと at 2010年09月03日 00:54
>零五さん
アメリカ兵志望なのですね。
フィールドでお会いできたらよろしくです。

>へるむぅとさん
お越しいただきありがとうございます!
最近はドイツ軍仲間の交流の場もめっきり少なくなってしまったので、こういう場所も必要かなと思い、開設してみました。
このコメント欄になってしまいますが、告知や飲み会の勧誘など、遠慮なくご利用頂けると嬉しいです。
またイベントや飲み会でご一緒するのを楽しみにしております♪
Posted by ハント at 2010年09月03日 12:19
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。