2013年04月10日

『若い兵士のとき』



今回は岩波少年文庫『若い兵士のとき』を紹介します。
スキー訓練時にドイツ軍仲間にすすめて頂き、早速Amazonで購入しました。

著者ハンス・ペーター・リヒターは1942年に17歳でドイツ国防軍に志願、1945年のドイツ敗戦を歩兵少尉として迎えています。
当初、東部戦線に配置され、士官学校を経てフランスに配置、その後デンマークに移ったようです。

この作品は、著者の戦時中の体験を元に書かれていますが、いわゆる戦記物ではなく文学作品なので、日付や地名、部隊名などの情報が極端に少なく、戦闘シーンもほとんどありません。
しかし、その内容は、銃後の生活に始まり、入隊、訓練、兵営での生活、士官学校、食糧事情、叙勲についてなどなど、大変興味深い物が多いです。

また、ドイツ軍の知識をある程度持っている我々ならば、より深く内容を理解する事ができます。
例えば、文中の「丈夫な綾織りの兵隊服」はドリライヒアンツークであるとすぐにわかりますし、「中襟は襟のふちから麦わらの太さより多くのぞかせてはいかん」の「中襟」はクラーゲンビンデを指しているとすぐにわかるようにです。
階級や部隊の編成、規模などもより具体的に思い描けますし、訓練中に歌われる軍歌などはメロディーさえ浮かんで来るでしょう。

ドイツ軍の一兵士の体験記と言うのは日本語で読める物は案外少ないので、その意味でも我々ドイツ軍歩兵マニアには貴重と思います。
値段も文章量も手頃で、とてもオススメの1冊です。  


Posted by ハント at 00:05Comments(2) ドイツ軍資料&書籍

2013年03月27日

復刻版『Reibert』



『Reibert. Der Dienstunterricht Im Heere Army Service Training』
ドイツ軍の歩兵操典『ライベルト』の復刻版です。
Amazonで購入しました。
352ページで、価格は購入当時税込み2,174円でした。

このライベルト復刻版がAmazonで買える事は、ドイツ軍仲間のハンフェルトさんに教えて頂いたのですが、こんなマニアックな物が手軽に入手出来るのですから、まさに「Amazon様様」です(笑)。

内容に付いては『ライベルト』小銃中隊編1940年版の完全復刻版のようです。
ドイツ語の文章を読んで理解する事は、私などには到底無理なのですが、絵や写真を見たりキャプションを読むだけでも大変楽しめます♪

ドイツ軍リエナクターを目指す方達には、とてもオススメの1冊です。  


Posted by ハント at 00:05Comments(2) ドイツ軍資料&書籍

2010年12月16日

『戦術と指揮』


元自衛隊幹部の方が執筆された、文字通り「戦術と指揮」に関する本です。

リエナクトメントやヒストリカルゲームで下士官/分隊長役をやらせて頂く事が多く、例え遊びであっても戦闘指揮は素人には荷が重いなぁと実感していました。
そこで、何か戦闘指揮のマニュアルのような物はないものかと思っていた矢先、アマゾンの「おすすめ商品」でこの本を発見、購入してみました。

「はじめに」を読むと「ビジネスマン向け」のような事が書いてあるので、ちょっと不安になりましたが、内容は軍事一辺倒。
戦いに勝つための9の原則、クイズ形式の基本演習、古今東西の戦術に関するコラム、各所にちりばめられた名将知将の開発・愛用した戦術、発した格言・名言などなど、本格的ながらも楽しんで読む事が出来ました。
この本を実用書と位置付けるならば、平和な日本において実用出来るのは我々戦争ゴッコマニアかウォーゲーマーしかいないのではなかろうかと思います(笑)。

もし、ヒストリカルゲームにおける指揮官役の人達全員がこの本を読み、原則や格言に従ったならば、それだけでもヒストリカルゲームの世界はぐっと深くなりそうです。  


Posted by ハント at 21:05Comments(4) ドイツ軍資料&書籍

2010年12月06日

『チュニジア戦線 ドイツ軍戦闘部隊』


ガリレオ出版刊グランドパワー別冊。定価2500円。

来年春にサムズミリタリ屋さんが「チュニジア戦線」のイベントを計画していらっしゃるそうなので、これは予習に丁度良いと思い購入しました。
チュニジアの戦いの全容を、文章および編成表と地図、写真とキャプションで詳説しています。
自分がイベントでやろうと思っている第5降下猟兵連隊(後にヘルマン・ゲーリング猟兵連隊に改称)の写真も何枚か掲載されていました。
チュニジアは水と食べ物が豊富であったとの記述もあって、北アフリカ=砂漠のイメージの自分には新鮮でした。

チュニジア戦線と言うとちょっとマイナーな感がありましたが、資料としては他に、大日本絵画刊でオスプレイ・ミリタリー・シリーズの日本語版『カセリーヌ峠の戦い1943』もありますので、ここに来て意外と充実しています。

ミリタリ屋さんのイベントもタイムリーな感じで、とても楽しみです。
是非実現して欲しいものですね♪  


Posted by ハント at 21:05Comments(4) ドイツ軍資料&書籍

2010年12月04日

『WW2ドイツ軍兵器集』


ワールドフォトプレス社刊。1980年発行の古いムックです。当時の定価1800円。

実物の被服・軍装品を日本人モデルが着用して紹介するカラーページに始まって、大戦中ドイツ軍が使用した小火器、重火器や装備等を一応網羅しており、当時のドイツ軍好きミリタリー少年たちにとってはとても有用な本でした。
自分も、学生時代に描いていた戦争漫画の資料として活用したものです。

今読み返してみると、当時「小難しい事書いてあるなぁ」と読み飛ばしていた文章主体の記事に高い価値を見い出せます。
特に小宮寧さんが執筆されている『ドイツ軍の全貌』が素晴らしいです。
国防軍の徴兵制と徴兵手続、補充システム、下士官や士官への昇進の仕方、軍規などが詳しく解説されています。

たまにオークションに出たりしますが、古本にしては結構いいお値段が付くようです。  


Posted by ハント at 21:05Comments(7) ドイツ軍資料&書籍

2010年12月02日

WW2ドイツ軍『教練と命令』



『Exerzieren und Kommandieren』(教練と命令)。オークションで入手しました。

ドイツ軍の新兵教育のための教本を英訳した物です。
32ページと短いので、これから入営する人のための予習用なのかも知れません。

本物は、ドイツ語を自動翻訳するにもフラクトゥーァ(亀文字)を解読せねばないので、とても手に負えそうにありませんでしたが、これならば何とかなりそうです。

内容をそのまま転載するのは法律的にも道義的にも問題があると思うので、イラストを写真に置き換えるなどして折々に紹介して行きたいと思っています。

ご興味のある方は、期待せずに気長にお待ちください♪  


Posted by ハント at 21:05Comments(2) ドイツ軍資料&書籍

2010年10月18日

『武装親衛隊外国人義勇兵師団』



リイド社が近年発行した一連のドイツ軍関係書籍の1冊です。
ハッキリ申し上げると、このシリーズは「ハズレ」も多いのですが、この1冊は「アタリ」の部類かと思います。

前半では当時のヨーロッパ各国のドイツ軍への義勇兵参加の状況を解説し、後半では具体的な義勇兵部隊を列挙し解説しています。
タイトルには「武装親衛隊」とありますが、陸軍の外国人義勇兵も扱っています(後に一部が武装SSに配置換えになったりもするのですが)。
写真は少なめですが、軍装面などから見て興味深い物が散見されます。

外国人義勇兵に関する日本語訳の書籍は珍しいので、自分のようなこのジャンルに疎い人間には有り難い本でした。
「武装SSの魅力は外国人義勇兵にあり」と言い切る方もいるくらいで、なかなか興味をそそられる世界だと思います。  


Posted by ハント at 21:05Comments(28) ドイツ軍資料&書籍

2010年10月12日

『グロースドイッチュラント師団写真史』



冬モトスで「総統警護旅団」をやる予定なので、その親戚部隊と言える「グロースドッチュラント装甲擲弾兵師団」の非常に良い資料本を紹介します。

大日本絵画刊。税別3000円。モノクロ全240ページ。
PK(プロパガンダ・コムパニー/宣伝中隊)によって撮影された鮮明な写真と大変資料的価値の高いキャプションと文章で構成されています。

ドイツ軍、特に陸軍の魅力が一杯詰まった素晴らしい本だと思います。
ドイツ陸軍が好きな方には特にお薦めします。  


Posted by ハント at 21:05Comments(0) ドイツ軍資料&書籍

2010年09月14日

『意志の勝利』



ちょっと前になりますが、ナチスのプロパガンダ映画『意志の勝利』のDVDが発売されました。
この本もほぼ同時期の発売です。
この本には付録として『意志の勝利』のDVDが付いていて、なんと!単体のDVDよりなぜか安いのです!
業界的には掟破りな感じですが良かったのでしょうかねぇ・・・。

『意志の勝利』はNSDAP全盛時の記録なので、党幹部の実にイキイキとした姿を見られます。
パレードや式典には一糸乱れぬ統一感があるだろうと思っていましたが、案外手作り感が見え隠れして、ほほえましく感じたりもします(ヒムラー君、歩調が合ってないぞ!とか)。

個人的に一番の見所と感じたのは「ライプシュタンダルテSSアドルフ・ヒトラー」の行進シーンですね。
軍楽隊が『バーデンヴァイラー』を演奏しながら現れてからの一連の流れは、やはり見事です。

冒頭、党大会の舞台となったニュルンベルクの街並を空撮でとらえた映像が出て来ますが、これが正にまるで中世にタイムスリップしたかのような風景です。
モノクロですが鮮明な映像なので、ここも貴重なシーンでしょうね。

党関係には正直興味がないのですが、当時の空気を感じるには良い映像資料かなと思いました。  


Posted by ハント at 20:05Comments(2) ドイツ軍資料&書籍

2010年09月09日

ドイツ軍装備のスグレ物資料本。



『Deutsche Soldaten』(ドイツの兵士たち)。
Amazonで購入しました。一昔前だとこういう洋書は専門店で購入するしかなく高価でしたが、Amazonのおかげでかなり買いやすくなりました。

ハードカバーで300ページ以上のほぼオールカラー。
ドイツ陸軍兵士の使用した被服・装備・日用品など全般を、現存する実物の鮮明な写真で紹介しています。
ただ、各種バリエーションを網羅してるわけではなく、著者のコレクションの範囲がそのまま、本がカバーしている範囲となっているようです。
ですので、やけに詳しいジャンル(ガスマスクやカメラ、日用品)と軽く触れただけみたいなジャンル(ヘルムや被服)の差が結構激しいです。
まぁ、ヘルムや被服はそれだけを扱った本があるので、良いだろうという事なのでしょう。
個人的にはアドラー胸章の変遷が年代順に紹介されていてとても参考になりました。

特筆すべきは、コレクションの状態の良さですね。
コンディションの良さは感動的ですらあるので、眺めているだけで目の保養になります(笑)。

雑のうのや野戦服のポケットに何を入れようか考え始めた、ドイツ軍好きが高じ始めた方であれば、買って損はない良い資料と思います。  


Posted by ハント at 18:05Comments(2) ドイツ軍資料&書籍

2010年09月02日

やっぱり塹壕が好き。

塹壕(ざんごう)、蛸壺(たこつぼ)、掩蔽壕(えんぺいごう)、トーチカ・・・大戦好きの人は皆これらの単語に激しく反応するんじゃないでしょうか。
自分は当然大好物でありますっ!(笑)


写真は石川県のカルミンフィールドの大塹壕で交戦中のドイツ軍です。
MG34を撃ちまくってるのは中部の戦友ハインさん、格好良いですね〜。

この大塹壕は谷を見下ろす高台にあって、銃眼や監視塔まで備えており、1個分隊規模を収容できる広さがあります。
数年前初めてお邪魔した時は、この陣地を守っても攻めても大変面白く、非常に興奮したのを憶えています。
現在でこそ、千葉のヴィレッジ1さんの巨大塹壕網などがありますが、当時は国内で唯一無二の存在だったのではないでしょうか。
・・・あ、もちろん自衛隊さんは除いて(笑)。


『Feldbefestigungen des deutschen Heeres 1939-1945』
Amazonで買いました。
「ドイツ陸軍の野戦防御施設」とでも訳しましょうか。
本の大半が当時の工兵マニュアルの転載です。
センチメートル単位の寸法入りの細密なイラストを使って、一人用の壕から対戦車壕などの大物まで、非常に多数の防御施設を紹介しています。
ドイツ語が読めなくても、ほとんど絵本感覚で楽しめました。

今度、イベントで塹壕を掘る機会があったら、教本通りの物に挑戦するぞと意気込んでいます♪  


Posted by ハント at 21:15Comments(3) ドイツ軍資料&書籍